堅実ながん保険の選び方

「重粒子線治療」「陽子線治療」などの先進医療が注目を集めています。ただ、従来の抗がん剤治療や放射線治療なども進歩しているので、先進医療は選択肢のひとつと考えるのが良いです

堅実ながん保険の選び方

先進医療特約を考える

がん治療として注目を集めているのが「重粒子線治療」「陽子線治療」で、これにより先進医療が注目されるようになりました。
今までのがんの治療としては、抗がん剤や放射線治療などが主流で、副作用など患者さんの体への負担が大きいものでした。
そのことにより、入院治療が当たり前と考えられていました。
しかし、重粒子線治療や陽子線治療などは、患者さんの体への負担が少なく、しかも日常生活を行いながら治療が受けられることで通院治療が可能です。
このことは、とても大きなメリットといえます。
ただ、治療に必要な費用が300万円程度と高額で、しかも健康保険の対象外なので、その費用の全額が自己負担になってしまいます。
この高額な費用がデメリットであり、受けたくても受けられない理由にもなっています。
そのデメリットに注目し、高額な費用をカバーするために、がん保険による先進医療特約が準備されたのです。
先進医療特約は、少ない保険料をプラスすることで大きな保障を得ることができる特約といえるでしょう。
最近では、先進医療特約を付帯していない人がいないのではないかといわれるほど、付帯が当たり前な特約となってきているようです。
ただし、治療施設が近隣にあり治療を受けられる環境が整っているのかを考える必要もあります。

先進医療特約は必要か?

先進医療は、海外の実績は確かにありますが、日本国内では治療実績が少なく、健康保険適用が可能かどうか検討されている前段階の治療です。
つまり、現段階で先進医療は指定の医療機関で指定の技術を用いて行う治療を厚生労働省が特別に許可した治療方法なのです。
確かに、陽子線治療や重粒子線治療は、患者さんの体への負担も少なく、通院治療が可能などメリットが多くあります。
しかし、あくまで治療の選択肢のひとつとして考えることが大切かも知れません。
それは、現在まだ施設数が少なく、高額な治療費を全額自己負担しなくてはならないというデメリットも存在するからです。
つまり、全ての人が気軽に治療として先進医療を選択できるような状況ではないといえるのです。
また、抗がん剤治療や放射線治療なども医療の進歩により、精度の高い治療へと改善されています。
しかも、副作用が少なくなってきたために入院治療から通院治療へと変わってきているのです。
ですから、先進医療が優れた治療と単純に考えるのではなく、治療のひとつの選択肢として考えることが大切です。
それと共に、先進医療特約についても自分が先進医療を受けたいか(受けられるか)を考え、検討する必要もあるでしょう。

おすすめサイト

Copyright (C)2017堅実ながん保険の選び方.All rights reserved.