堅実ながん保険の選び方

がんの保障に特化した「がん保険」のニーズは、最近高まっています。どのような保障があるのかを基礎知識として知っておくことも大切です。

堅実ながん保険の選び方

主な給付金と商品による給付金

がんの保障に特化した「がん保険」のニーズが最近では高まっていますが、どのような保障があるのかを知っておくことも大切です。
まずは、がん保険で給付される主な給付金について紹介します。
がんと初めて診断された場合に診断一時金として支払われる「がん診断給付金」があります。
1回だけ給付される商品と複数回給付される商品があるので確認することも必要です。
また、がんの種類で給付金に違いが出る商品もあるので併せて確認しておくと良いでしょう。
ちなみに、100万円〜300万円程度が通常支払われる金額のようです。
2つ目に、「がん入院給付金」があります。
がんは入退院を繰り返す可能性があるので、入院初日から入院日数無制限で給付金が支払われる商品がほとんどです。
ですから、入退院を繰り返しても、また長期入院になったとしても、入院日数分が支払われるので安心です。
給付金は日額で1万円〜3万円程度支払われますが、がん入院給付金が高くなると保険料も高くなることを認識しておきましょう。
3つ目は、がんで手術した場合に給付金が支払われる「がん手術給付金」です。
一回の手術で支払われる給付金額が手術の種類で変わるタイプと一回の手術で一律に支払われるタイプがあります。

商品による給付金

商品によって受け取ることの出来る様々ながん保険の給付金について紹介します。
がんにより一定期間入院した後に通院することに対して給付金が支払われる「がん通院給付金」があります。
商品により一回の通院の限度日数や保険期間中の通算限度日数に違いがあるので確認する必要があります。
ちなみに、日額5千円〜1万5千円程度が一般的なようです。
がんで死亡した場合に給付金が支払われる「がん死亡給付金」があります。
ただ、給付されないケースが多く、仮に給付される場合も10万円〜200万円程度と低くなっています。
がんで一定期間入院した後、退院した際に一時金として支払われるのが「がん退院給付金」で、通常7万円〜30万円程度です。
また、「がん在宅療養給付金」というのもあり、こちらは20万円程度が一般的なようです。
先進医療など公的健康保険が適応外の治療に対して、に応じて給付金が支払われるのが「先進医療給付金」です。
治療の種類に応じて6万円〜140万円程度が一般的なようです。
がんで余命6ヶ月以内と診断された際に受け取れる保険金が「ガン・ターミナルケア保険金」で、100万円程度が一般的です。
これらは、商品により受け取ることができるものなので、詳細を商品のパンフレットなどで確認すると良いでしょう。
また、手厚い保障があると安心ですが、保険料との関係も考える必要があります。

おすすめサイト

Copyright (C)2017堅実ながん保険の選び方.All rights reserved.