堅実ながん保険の選び方

いろいろなタイプのがん保険を提供されているので、保険を選ぶのも大変かも知れないです。ただ、選ぶ際の注意点や知っておきたい点があるので、そのポイントを認識しておくと良いです

堅実ながん保険の選び方

選ぶ際の注意点や知っておきたい点

様々な保険会社でいろいろなタイプのがん保険を提供しているので、保険を選ぶのも難しくて面倒くさいと感じる方も多いでしょう。
ただ、万が一の時に必要な保障が得られなく役に立たない保険に加入していては意味がありません。
まず、選ぶ際のポイントとしては、保障の種類を考えるということです。
たくさんの種類がありますが、どのような備えが必要なのか十分に検討して選ばなくてはなりません。
何でも保障を増やせば良いということではないのです。
保障を増やすことで、それだけ保険料が高くなってしまうので、その点は選ぶ際の注意点として認識しておきましょう。
本当に必要な保障は何なのかを考えることが重要です。
一般的ながん保険では、入院日数が無制限ということで、入退院を繰り返しても保障が受けられます。
ただ、加入する保険が入院何日まで対応しているのかは、念のために確認しておくと良いでしょう。
結果として保障を受けられないことがあっては困るので、この点も選ぶ際の注意点として認識しておきましょう。
しかし、無制限で支払いを受けることができる保険であっても、入院の状態で保障を受けることができないことがあります。
それは、「治療処置を伴わない入院」「美容上の処置などの入院」「医師が常駐してない養護院などへの入院」です。
この点も知っておくと良いでしょう。

選ぶ際に知っておきたい点

一般的な医療保険などでは、申込みをして診査して初回の保険料の支払いが完了すれば、完了した日から保険の保障効力が発生します。
しかし、がん保険では他の保険と違って、契約成立後91日目からしか保険の保障効力が発生しないのです。
これは、がんが見つかりにくい病気で契約時にがんにかかっている可能性があることも考えられるからのようです。
喫煙者と非喫煙者では、病気になる確率に違いがあることから、非喫煙者の保険料が普通よりも割安に設定されることがあることを知っていますか?
非喫煙者が喫煙者と同じ保険料では不公平になるという考えから設けられたようです。
非喫煙者であれば、非喫煙者保険料が選択できる保険を選ぶことも保険料の節約につながるので検討する価値はあるかも知れません。
その点を確認してみるのも良いでしょう。
がん保険などのCMをみると、「先進医療」はとても良い治療として伝えられています。
もちろん「重粒子線治療」や「陽子線治療」などの先進医療は、固形のがんに対しては効果が高く、普段の生活を続けながら治療ができるので利用する人も増えているようです。
ただ、既存の治療よりも全てで優れていると限りません。
ですから、先進医療特約をどうするかは検討する必要もあるでしょう。

Copyright (C)2017堅実ながん保険の選び方.All rights reserved.