堅実ながん保険の選び方

医療保険に加入しているけれど、「がん保険」には未加入という人がたくさんいます。しかし、それだけで大丈夫ではないので、がん保険の必要性を考えてみては如何でしょう。

堅実ながん保険の選び方

がん保険の必要性を考えよう

医療保険には加入しているけれど、がんのみを対象とする「がん保険」には未加入という人がたくさんいるようです。
しかし、本当にそれで良いのでしょうか?
一昔前は「不治の病」といわれ、死を待つだけの病気という時代が長く続きました。
でも、最近では医療技術の進歩によって、早期発見・早期治療が可能になりましたし、治る病気ともいわれるようになりました。
昔から治療にお金のかかる病気でしたが、さらにお金が必要な病気になっているようです。
また、以前は抗がん剤や放射線治療による副作用の関係で入院治療が主流でした。
しかし、現在も入院治療はありますが、抗がん剤や放射線治療の進歩により、副作用の危険性も減少し通院による治療が増えているのです。
そこで、医療保険だけの加入で良いと考えている方に知っておいて欲しいことがあります。
医療保険に付いている通院特約は、入院後の通院が対象となっているという点です。
通院特約があるから安心と思っていると、場合によっては大変なことになる可能性もあるのです。
医療保険のみで入院や通院などに対する準備をしているから大丈夫と考えている方、あらためて「がん保険」の必要性を今一度考えてみては如何でしょう。

がん保険の必要性

医療技術の進歩により早期発見・早期治療が可能になり、「不治の病」でなくなったこともあり、がんの治療は3年〜5年と長期間に及ぶようになります。
入院や通院、抗がん剤や放射線など高額な治療費用が必要になり、さらに長期に及ぶことで経済的負担は大きくなってしまいます。
また、入院中などは仕事ができませんので、収入が減少してしまうことも考えなくてはなりません。
さらに、入院治療や通院治療では「病院外でかかる費用」というのも必要になり、意外と目に見えない出費が負担になってしまう可能性もあります。
このように、長期の治療で必要となる費用は高額になるケースが多く、金銭的にも精神的にも大きな負担になると考えられます。
あと、最近注目を集めている「陽子線治療」や「重粒子線治療」などの先進医療に対する備えも検討しなくてはならないでしょう。
治療効果が望めて費用的にも問題がなければ、誰もが希望したい治療ではないでしょうか?
ただ先進医療は、健康保険適用外のため、治療そのものにかかる費用は全て実費となり、自己負担となってしまうのです。
これらのことを考えると、がん保険の必要性を感じるのではないでしょうか?
安心して治療を受けるためにも、金銭的・精神的に耐えれる準備が必要といえます。
がん保険でいざという時の準備をしっかりとしておくことを検討しては如何でしょう。

おすすめサイト

Copyright (C)2017堅実ながん保険の選び方.All rights reserved.