堅実ながん保険の選び方

乳がん・子宮がん・卵巣がんが、女性特有のがんの代表といわれています。万が一の備えとして、女性特有のがんに対応した保険を選択することも必要です。

堅実ながん保険の選び方

女性特有のがんに対応した保険

女性特有の「がん」がいくつか存在するという背景があり、女性特有のがん保険の提供が進められるようになってきています。
女性特有のがんは、「乳がん」「子宮がん」「卵巣がん」の3つが代表的といわれています。
乳がんは女性のがんの代表的存在で、日本では25〜30人に1人の割合で発病しているといわれています。
30歳代から発症の確率が高くなる傾向にあります。
ただ、比較的生存率が高いので、早期発見・早期治療で完治することができます。
女性のがんで最も発症率が高い病気が「子宮がん」で、死亡者数は年間5000人(2008年のデータ)を超えています。
年齢的には20代後半から40代前半で発症する人が多く、40代前半以降は横ばい傾向のようです。
初期の段階では自覚症状がほとんどなく、進行して初めて気づくことが多いので、早期発見のためにも定期検診を受ける必要があるでしょう。
正しい治療を行うことで乳がん同様に術後の5年生存率が高いです。
現在でも明確な原因が解明されていないのが「卵巣がん」で、高年齢の女性ほど高リスクになる傾向にあります。
卵巣がんで死亡する女性の半数以上が50代〜70代となっています。
初期の段階では子宮がんと同じく症状がほとんどみられないので、発見されにくいです。
頻尿など気になる症状がある場合には、早めに婦人科を受診すると良いでしょう。

女性特有のがんに対応した保険

女性特有のがんとしては、乳がん・子宮がん・卵巣がんが代表的といわれていますが、それらは早期発見・早期治療で完治する可能性が高い病気です。
発症率は40代〜60代がピークといわれていますが、最近では20代〜30代でも女性特有のがんを発症する率が増えているようです。
高年齢の女性ほど高リスクになる傾向とは、一概にいえないようになっているのです。
ですから、若い世代から万一の場合の備えをしておくことも必要で、経済的にも精神的にも安心して治療に専念できる環境を整えておくことが大切です。
各保険会社でも、こうした現状を考えて女性特有のがん保険の提供も徐々に進められています。
今のところ通常のがん保険に女性のがん特約をつけるタイプが多いですが、乳房再建給付金などの独自の保障をしている保険もあります。
これからも注目される保険のひとつといえる女性のためのがん保険なので、さらなる進化が期待できるでしょう。
がん保険を検討する場合、様々な種類のがんに対して備える方法も良いですが、女性特有のがんに対して手厚く備えることも考えてみては如何でしょう。
そのためにも、自身の状況や保障内容などを比較検討して、いろいろな面から考えてみると良いといえるでしょう。

おすすめサイト

Copyright (C)2017堅実ながん保険の選び方.All rights reserved.