堅実ながん保険の選び方

がん保険は経済的負担を心配することなく治療に専念するための重要な保険です。ですから、選び方や注意点など様々なことを理解して加入を検討する必要があります。

堅実ながん保険の選び方

基礎知識を学びがん保険を選択

日本では、およそ3人に1人が「がん」により死亡しているといわれており、死因率1位となっております。
そのような背景があるため、がん保険の契約をしている人も多いですし、加入を検討している人も多くいるようです。
「がん」は他の病気と違い入院が長引くこともありますし、治療方法にもよりますが治療費が高額になる可能性があります。
そのことにより、公的医療保険のみでは自己負担金も多額になってしまう可能性が大きいのです。
また、公的医療保険では通院の交通費や差額ベッド代、休職による収入減に対する保障は当然のこと一切ありません。
このように治療費以外の出費やその他いろいろとお金を必要とする場面も多くなり、当然のこと経済的負担は大きなものとなります。
がん保険は基本的に「がん」のみを対象として保障する保険で、「がん」と闘うために必要となる保険です。
一般的な保障は、がんと診断された時に給付される「診断給付金」をはじめ、入院・手術・通院で支給される「入院給付金」「手術給付金」「通院給付金」が主なものとしてあります。
これらの保障により、経済的負担を大幅に軽減することが可能となり、経済的負担を心配することなく治療に専念することが可能になるのです。

がん保険の歴史と保険の多様化

日本のがん保険の歴史を振り返ると、1970年代に外資系の保険会社が発売したのがはじまりといわれています。
その後、日本の生命保険会社でも徐々に取り扱うようになります。
ただ当初は、あまり注目されていなかったようで、時代と共に必要性が高まってきました。
これは、医療技術の進歩により「不治の病」といわれていた「がん」も、「不治の病」ではなくなり生存率が高まったことによります。
また、治療方針にがん患者さんの意向が反映されるようになり、最近注目されている「先進医療」など、治療法も多岐にわたるようになっているからです。
このように、治療の方法の多様化など時代と共に必要性が高まった保険なので、選ぶ時には確認しておかなくてはならないことも数多くあります。
各社とも医療技術の進歩に対応した商品を販売しており、治療の多様化に対応していることが大きなポイントになります。
また、必要性・特約などの種類・保険料のシミュレーション・注意事項など、様々な事柄を確認しておくことも必要でしょう。
「がん」が発見されてからでは加入できないので、万が一に対する備えは早めに検討することが大切です。
選び方や注意点など参考になる情報を紹介していくので、参考にしてみては如何でしょう。

Copyright (C)2017堅実ながん保険の選び方.All rights reserved.